【ガルパン】西住殿がカチューシャに緊縛されて三角木馬に乗せられて……【エロ漫画同人誌】  ぶひドウ! エロ漫画同人誌

【ガルパン】西住殿がカチューシャに緊縛されて三角木馬に乗せられて……【エロ漫画同人誌】

続きを読む前にこちらもおすすめ

この記事の評価
12345 (1人が評価) ☆クリックでこの記事を評価[1-5]
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
今日の人気記事 TOP 20
こちらもおすすめ
[ 2014/10/17 22:12 ] ガールズ&パンツァー | TB(-) | CM(10)
コメント
  1. 名無しさん : 2014/10/17(金) 23:13:24 ID:

    Pティガーの電動モーターはよくネタにされるけど、
    あれは仕方ねーんだよ。
    現代だって70t以上あるような重戦車なんて造って
    ねーんだぜ?
    その鉄のカタマリをエンジンで動かそうとしたら、
    変速ギアが旋盤かけてるのか?って勢いで削れてゆくワケよ。
    目の前でw
    で、ギアボックスあぼん。
    だからポルシェ博士はギア使わないで済むモーターにこだわった。(しか無かった)
    このネタで笑えるヒトは、現用戦車のガスタービンでも笑えるんだろうなあ。

  2. 名無しさん : 2014/10/18(土) 06:15:53 ID:

    そもそも昔と現代を引き合いに出す時点でなんか違うと思うが・・・
    現代なら余裕で70tクラスの戦車なんて余裕で作れるよ。列強各国のMBTの大体は60tクラスだし
    後、現代のガスタービンでも笑うの意味がよくわからんぜ
    あ、同人誌の方はよかったです

  3. 名無しさん : 2014/10/18(土) 07:44:28 ID:

    何、この濃いミリ談義はw
    エロを語れよww

  4. 名無しさん : 2014/10/18(土) 23:15:02 ID:

    すまん、判り辛かったか?
    例えば原子力潜水艦ってのは、原子炉がちょくにスクリュー回してねーだろ?
    原子力で発電して、モーターでスクリュー動かしている。
    これはディーゼルでも完全に潜水しちまったら吸気・排気できねーから
    やっぱ電池でスクリュー回している。
    ポルシェ博士も同じ事しようとしてたワケ。
    なんでエンジンでちょくに車輪まわさねーんだ?って云うのは構わんが、
    笑うトコじゃねーだろ?と言いたい。
    事情としては鉄のカタマリを高出力すぎるエンジンで無理やり動かしているんで
    負担が掛かり過ぎているから、なんだけど。
    あの当時は平気で100tの戦車なんかを配備しようとしてた。
    そんなのは現代でもやっていない。
    いわゆる重戦車ってカテゴリーはあだ花なんだよ。
    現代では鉄のカタマリを無理やり動かすって事に意味が無くなったからな。
    複合装甲なんかがあって、分厚い鉄より頑丈かつ軽量になったからだ。
    もう一度言うよ?
    だから現代では70t以上100tみたいな戦車は存在しない。
    それを当時にやろうとしてたポルシェ博士は、その才覚ゆえに戦犯として
    扱われる程度には「的を得ていた」発想の持ち主なんだよ。
    で、息子さんが「親父の技術は殺人の為じゃない!」と証明する為に
    戦後スポーツカーを造る会社を興すってワケよ。
    後輪駆動でタイヤがキッチリ地面を噛むようにケツにエンジン乗せ、
    速く走るほどハンドルの利きが悪くなるが加速はいい、って云う車をな!w
    ガスタービンはググれ。

  5. 名無しさん : 2014/10/18(土) 23:42:52 ID:

    なんだこのコメ欄w

  6. 名無しさん : 2014/10/19(日) 13:05:36 ID:

    >>2の者だが、要約すると重すぎて変速機のギアボックスが耐えられないから変速機を介さないモーターを用いて動かそうとしたって事かな?
    後、複合装甲は単純に通常の圧延鋼板より成形炸薬弾に対する防御力を上げたものであって通常の装甲板より硬い訳じゃないぞ。
    分かりやすく言うと普通の装甲より重くてRPG-7とかに対して防御力が上がっている装甲だよ。
    複合装甲は重すぎるから正面等の被弾率が高い部分にしか取り付けられないぐらいさ
    ガスタービンについてはある程度知ってる

  7. 名無しさん : 2014/11/04(火) 23:50:12 ID:

    2のひと。
    そこまで判ってるなら現代でも70~100tの戦車が造られてないって
    事も理解してるんじゃないかな?
    造れる。けど、現代では誰も造らない。
    そうしたバケモノじみた鉄のカタマリがWWⅡの末期にはゴロゴロいたって
    事だよ。
    それがロマンなんだか、狂気なんだかはヒトによって見方は違うだろうけど。
    ただ。
    当時は、あの選択肢しかなかった。
    だから、無意味で無価値な事を当時のヒトがやっていた、と
    断ずるのは無理解が過ぎる、と言いたかった。
    また、現代の文化・技術・価値観もまた、時間が経てば風化し、
    陳腐化してしまう事も知っていて欲しい。
    ガスタービンに関しては、これを戦車に乗せたのはアメリカとソビエトだけ。
    戦車と言えばディーゼルエンジンをイメージするヒトが多いだろうが、
    ガスタービンは重ったるいディーゼルと違って、
    キィィィィン!ってジェットかよ?みたいなエンジン音がする。
    もう戦車が出す音じゃないw

  8. 名無しさん : 2015/02/13(金) 23:26:25 ID:

    でもP虎より重いヤークトティーガーはごく普通のエンジンで動いてるんだよね
    擱座原因は燃料切れと履帯周り、そしてトーションバー故障
    ギヤが削れるからやむなく、とか大嘘なんだよなあ

  9. 名無しさん : 2015/02/14(土) 01:54:53 ID:

    うーん。
    8のヒトはどうしてソ連のT34が傑作戦車扱いなのか知らないみたいね。
    例えば、ティーガーはギアボックスをエンジンの真下に設定したから、
    一度バカ重いエンジンをクレーンとかで垂直に持ち上げなくては
    ギアボックスの交換ができなかった。
    つまり整備がとっても大変だった。
    (しかし職人カタギなドイツ人は、その手間が大変だとは思わなかったし、
    設計ミスだとか、アタマおかしいとも思っていなかったw)
    そもそも、履帯切れたの直す程度ならともかく、戦地でやぐら組んでエンジン
    吊り上げるなんてアホな話、できるわけがないんだよな。
    対してT34は転輪が2~3個もげても元気良く走っちゃうタフな戦車だが、
    それでもギアボックスに対しては慎重で、
    なんと後部ハッチを開けたら、ぽい!と交換できる仕様にしてあった。
    これがT34を優秀兵器と位置付けられるゆえんで、
    いかにギアボックスが損耗し易く、まるごと交換をしなくてはいけない部品で
    ある事を示す証左であるワケ。
    てか、まあ…。
    そしたら「機械として正しい」からって、ギアボックスをワザワザ整備しにくい
    位置に設定しちゃうドイツのがオカシイんだけどさw
    いずれにしても現代ならば通用するポルシェ博士の発想で、ギアボックスの
    破損を回避する方法として、ギアボックス載せないで代わりにモーター、
    変速は電圧でやる…って言うのは、まあ、時代を先取りし過ぎちゃったのは
    いなめない。
    いなめない、が当時はそれが「正解」だと思ったんだから仕方がない。
    実際問題、P虎は発電機用エンジン+モーターで居住性がせまくて
    劣悪だったらしいし、ぶっちゃけ問題だらけだった。
    (だから量産されなかったし、2両しか実戦投入されなかった)
    でもやっぱ、のちに重量100tの戦車作ろうず!ってなった時は
    モーターで動かそうぜ!とマブチモーターの回し者か?みたいな設計をしている。
    ドイツ式の「優秀な機械とは、高度に複雑化してゆくのが当然。壊れた?
    直せば済むハナシぢゃん」とするか、
    ソ連式の「多少、精度が落ちても過酷な環境に耐えうるタフな機械こそ
    信頼できる。イザというとき壊れちゃ困るんだよ!」とするかで、
    このハナシ、感想がまったく違ってきちゃうんだよなあ。
    なんせ70年前の、しかも戦時下の話だから、精度が高くてタフが部品が
    作れる現代の感覚で考えちゃダメなんだぜ?

  10. 名無しさん : 2016/02/10(水) 23:51:30 ID:

    お前ら賢者になれよ

この記事を最初から読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

※キャッシュの影響でコメント反映まで時間がかかる場合があります。

おすすめ記事
最新ニュース
検索
アーカイブ
カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
カテゴリー
最新記事
最近のコメント
人気記事7日

ピックアップ